元気ウォーターサーバー
元気ウォーターサーバー
ホーム > ボーカル教室 > 地声と裏声の切り替え練習方法

地声と裏声の切り替え練習方法

地声では出せないような高音域を歌うときには、裏声を使うことで音域を広げることができます。しかし、地声と裏声の切り替えがスムーズでないと、急に音質や声の強さが変わったようになって聞きにくくなってしまいます。そこでおすすめなのが、ボイストレーニングでおなじみのリップロールです。リップロールというのは、唇を軽く閉じて「ブルル」と息を吐きながら、音階を変えていくことを言います。これにより、声帯周辺の血流がよくなり滑らかな発生が可能になります。自分でリップロールを行ってもうまくいかないときは、横浜ボーカル教室にてボイストレーニングを行うのがおすすめです。プロのボイスのトレーナーの指導を受けると、早い上達を期待することができるでしょう。